『高谷池へ』

もう1ヶ月も前のことになってしまいました😅
今年の妙高山紅葉観光

今回は、関温泉から出発して燕温泉へゴールするループルート
通ったことのない道はしさがしますね


「リフト降り場の安定した地面で休憩」


「ちょっと向こうにはナウマンゾウでも有名な野尻湖


「ずっと向こうにはいつか縦走したい八ヶ岳

生いる葉っぱや枝たちをくぐり続ける登山道
足場ので滑ったら落ちちゃいそうな幅狭尾根
所々で、多分同一と思われる先者の足跡を追い続け……


「大量のトンボたちが飛行する頭上」
蚊とかアブみたいに攻撃してこないから、沢山いても気になりません😁

まぁまぁな森林浴をしながら歩き続けて数時間
視界が開けるポイントは黒沢池ヒュッテの登山道分岐点
やっぱり知っている場所に着くと一安心できました

テント泊する目的地、高谷池ヒュッテへもうひと歩き!

建物の増築工事と並行して設置された水洗トイレについての大問題
詳細下記URLから確認してみてください😕

 

http://chng.it/Tm86WWXPNqクリックしたらページ移動します)

 

楽しませてくれる自然環境を守るということは当たり前
そもそも、徒歩で数時間かけてまで来たいと思うこの場所で
水洗トイレの快適性をどれだけの人が求めているのでしょうか???
逆に、そこに不満を感じる人はここまで来たいと思うのか……

 

周りから感じ取れる快適度レベル無駄い気がする今日この頃です
もしくは、反抗的に取り残されてるだけの可能性もありますかね😑


高谷池、高谷池ヒュッテとそのテント場」


「高谷池周辺からの妙高山

登り道は下を向くことが多くなるからか
地面が顔に近づくことが多いからか
平地以上に植物が目に入って来てしませてくれます


「このキノコは開く前? | よく見かける名前を知らない花」

上空天気予報は当たってて綺麗な雲海
自分勝手論としてはそれ以外の景色も見たかったな〜😓


「妙高山、南峰からの北峰とその背後の美白さよ」


「称明滝と光明滝 | 赤倉温泉の源泉はここらしい」

来年の紅葉に期待して、楽しみは継続します
燕温泉のお土産屋のおじいちゃんと話をした結果
次回は、くからある登山道の方かな〜😁

“Koyaike Hütte – a hut in Myoko”

Already it has been 1 month since I went to this trip😅
Yellow Leaves Sightseeing around Mt Myoko in 2020

I planned Loop route from Seki Onsen to Tsubame Onsen this time
It feels more fun to go through routes for first time!


“Resting time at stable ground at Chair Life facility”


Lake Nojiriで which is known by Palaeoloxodon naumanni down there”


Yatsugatake faraway, where I want to do traverse in near future”

Walking Track is filled with greens and crossing branches
Ridge area is narrow enough to be slipped down by bamboo grass
Found and followed the same guy’s step on most of the way……


“Tons of Dragonflies frlying around above us”
They are friendly guys, do not come to us like mosquito or horsefly😁

Keep going with quite deep forest therapy for a few hours,,, then
Arriving at an intersection locates beside Kurosawaike Hütte
Sigh with relief when I arrive at familiar scenery

Another short walk to get to Koyaike Hütte to set up tent for a night!

They have serious problem since they install flush toilet with its building expanding construction
Detail from the URL below, in Japanese only, though😕

 

http://chng.it/Tm86WWXPNq (click and jump to its website)

 

No need to discuss is being nice and kind to save this mother nature
Basic doubt is, this place locates at least 3-4 hours walk from civilization
Then who really demand to have comfort of flush toilet here???
Conversely, someone who feel dissatisfied with it come over here……

 

These days, I find the Level of Comfort is too high for necessity to balance wel
Perhaps, I stay at strange side to recognize what is better or not😑


Koya Pond, Koyaike Hütte and its tent field”


“Look at Mt Myoko from nearby Koya Pond”

Is it becase looking down most of the time on the way up
Or face get closer to the slope
Plants come in my sight and make me fun more often than flat place


“Is this mashroom ready to open? | I find this flower often but don’t know the name”

The forecast was correct for higher area, great sea of clouds there
For selfish expectation, I also wanted to see the other landscape😓


“From South Peak to North Peak at Mt Myoko and White Beauty behind”


“Double Waterfalls | The Source of Akakura Onsen”

My happy plan continues to next autumn, expecting the colors!
I got nice info from chatting with a Souvenir Shop old man at Tsubame Onsen
Walking through older track sounds very interesting and in my list now😁

『白馬でプチ縦走』

今年の後半は予報が多かったですね
そんな中、ちょくちょく変わる天気予報とめっこ
2.5日間の晴れ間予報をって行ってきました
白馬尾根歩き

いつものことですが、計画段階は自分一人で夢うつつ
そしていきなり決行されるパターン
ジックリ準備の段階は無い……
なもんで、今回は出発直前に行程大調整ということも発生
宿泊数は2日から1日へ、歩く方向は右から左が左から右へと変更

臨機応変に楽しめる能力アップ

雲
<久々の気持ち良い晴天に泳ぐ雲>

2000m以上の標高で歩き続けられる尾根
下界はまだまだ残暑の夏なのに、天然クーラーを感じられる贅沢

雷鳥
<探してないのに現れてくれる雷鳥>

今回は、テントではなくってツェルト泊での計画
雪山の撮影時に体を覆ったことがあるだけの道具、ツェルト
近所の公園で広げたこともないし、そうしてみようとも考えず
インターネットで10分くらいの情報収集という準備さ加減

結果は、十分に寝れる環境は作れました

ちなみに、同行者Tは快適を選んで迷わず山小屋

朝焼け雲海
<日の出直前、雲海晴天の大自然>

夜の星空は、綺麗だったことでしょう
今回の経験はに繋げます
***大した意味はありません***

2日目も引き続き、んだ空気の中の稜線歩き

剱岳をバックに稜線歩き
<剱岳>

眺めが最高の好天に恵まれました、予報通り!!!
白馬の連峰を境に、東西で雲の溜まり具合が全く違うのを上から見れるのは面白いですね

南西方面のパノラマビュー
<パノラマ>

山頂に着くと、向こう側に名前を知ってるが見えてくる
そのさらに奥の方には行程のチェックポイントが見えている
面白い

鑓ヶ岳からの杓子岳、白馬岳
<白馬岳、杓子岳と同行者T>

時たまだけど、ランニングを楽しむ人たちともすれ違う
自分たちとの格好のいに興味が湧く
気持ち良さそうだと視界には入るけど、今んとこ自分はやらんかな〜

トレイルランナー
<トレイルランナー>

白馬岳付近から猿倉方面への通路、白馬大雪渓
僕らが歩いた数日後に通行止めとなってしまいましたね
雨が多かった夏の影響が大きかったようで……

大雪渓
<天然桟橋>

個人的なオリジナル行程に大変更がなされてしまった今年
でも、お陰で良い経験ができたことは間違いない
次回のための最高な予習となりました
山を、自然をナメたらあかん!!?
***事故的な問題は何も起きていません***

何はともあれ、しい時間でした
自然に触れ、その大切さを感じられる機会はありがたい

gear
<余裕のボリューム、70Lのバックパック>

〜〜使用ギアに関する追記〜〜
・バックパック:Sukha(f-stop)、70L
アウトドアスポーツのカメラマンの多数が愛用しているブランド、f-stop
しっかりと快適な背負い心地に調整できるアルミのフレーム内蔵
多過ぎず、程よい数と大きさのポケットが配置されている

・カメラバック:Navin(f-stop)
今回はバックパックのショルダーストラップに直接取り付けました
これで、カメラの取り出しはすぐに行え、保護力も十分なスタイル

・サングラス:FBL 043-33(Fullon Eyewear)
コスパ最強、デザイン豊富、目にも財布にも優しいありがたいブランド

・ストック:Scepter 4S Poles(bca)
たたむとだいぶ短くなるので携帯に便利
グリップの形状に工夫がたくさんで、歩く時に役立つ握り方満載

・その他諸々

“Short Traverse at Hakuba”

At the end of this summer, there were lots more rainy days than usual years
Often I followed website of weather forecast for a while
Then I found fine weather for 2.5 days
And headed to ridge traverse at Hakuba

As my typical scheduling, it builds like dreaming in my brain
Then it comes out suddenly on my real calendar
Not much process to make well-researching plan……
And so, I had to adjust a lot to make it happen before a few hours I leave home
2 nights 3 days changed to 1 night 2 days, also the direction for walking changed to “L to R” from “R to L”

My adjustment ability level get higher now??

雲
< Cloud float comfortably in blue sky >

This ridge continues above 2000m almost all the way
There were still some summer temperature remain at down the hill, but up here was surrounded by natural cooling air which make us feel luxury

雷鳥
< Raicho-Ptarmigan appears by themself >

My main purpose of this trip was staying in bivouac-tent, not normal well-organized tent
I had used bivouac-tent once, just wrapped myself to keep warm for ski shooting
I’ve never open it at a neighbor park nor tried to test it before…
Still, I researched HOW TO use it on internet, for 10 minutes

As a result, I had well sleep and didin’t have any major problems

By the way, my company Mr T immediately chose comfort and booked moutain hut for that night

朝焼け雲海
< Beauty of Nature, sea of clouds before sunrise >

It must be lovely sky with full of stars at that night!!!
remember this experience and use it well for next time
***Nothing serious topic for it***

2nd day, another beautiful ridge walk continued in clear air

剱岳をバックに稜線歩き
< Tsurugidake >

Fine weather leads magnifique view!!!
It’s very interesting scene to see from above that cloud was separated to east and west by Hakuba mountain range

南西方面のパノラマビュー
< Panoramic >

Once we reach to a summit, there is another peak appears over there
Also we will be able to find a check-point for this trip farther area
Very interest feeling

鑓ヶ岳からの杓子岳、白馬岳
< Hakubadake, Shakushidake and my Company Mr T >

Sometime we passed by runners
Weird feeling between us, because their gears are totally different at up higher on the mountain
Looks pretty nice but it’s not my style yet

トレイルランナー
< Trail Runner >

Hakuba Daisekkei, a way from Hakubadake to Sarukura area
Right after we walked down there, it was closed due to danger of snow bridge collapse
Because of many heavy rainy days during summer……

大雪渓
< Natural Bridge of Shaped Snow >

This plan was completely changed from my original dreaming-like plan
Though, I learned how it could be and it will be shaped much better for next chance
Don’t be fool in mountain or mother nature!!!
***We didin’t have any trouble from this trip, though***

Just let me show what kind of gearspicked for this trip up

gear
< More than enough space to feel relax for packing with 70L >

~~ PS for my gears ~~
• Backpack : /Sukha (f-stop), 70L
Trusted by lots of outdoor cameramen
Aluminum frame support well to bring heavier weight, and makes feels comfy
Enough functional pockets to put everything in order

• Camera Bag : Navin (f-stop)
I put this bag in front of chest which is quite basic option for f-stop design
And so I can reach camera easy and quickly, also it protect camera well

• Sunglasses : FBL 043-33 (Fullon Eyewear)
Brilliant performance with its price and many designs to choose from
Very kind product for eyes and wallet

• Poles : Scepter 4S Poles (bca)
It become very compact when it folds to carry
Its grip has unique shape which works great for many type of walking

• and others…

“Shocking News”

Announced by King-like Ski magazine, “POWDER Magazine”
They decided to pause their operations after end of this November
By my English, it’s not completely finished and they possibly come back in future
I really wish so
Detail in English is here

Since I start taking photos of Skiers, one of major purpose is to be published on this POWDER Magazine which is well-know in the world
After couple of random published, still it keeps me motivate to get more chance often

I started to be impressed by its contents when I was a snowboarder
I got lots of great inspirations after I become a photographer on telemark-ski
It’s so sad occurence

 

As personally
I’m not good to read writing, so that it’s more fun to read it on paper by my own pace
As a photographer…
I can find more feeling from photos in paper media which gives me gazing-relaxed time
Probably because I’m an analog sense man…… 😉

 

There are lots of complicate questions without clear answer in my mind

Like, what is the progress of civilization……

『衝撃的ニュース』

スキー雑誌の王様のようなPOWDER Magazineからの発表
今年の11月下旬以降の休刊が決まってしまったようです
現時点では廃刊ではなく、また発刊される可能性もあるような文章
是非ともそうであってしい
英語での詳細はこちらから

スキー写真を撮り始め、大きな目標の1つが世界的に知名度のあるPOWDER Magazineでの掲載
何度か掲載してもらえましたが、「継続的に絡んでいけるようにならなくては」というモチベーションにもなっていました

スノーボーダーだった頃から刺激を受けていました
フォトグラファーになってからはさらに刺激を与えてくれる大きな存在の1つでした
本当に残念です

 

個人的には…
活字を読むのが下手なので、紙面でのんびり読めるのはしいこと
フォトグラファーとしては…
写真は媒体の方がジックリしっかり観れて、じられることが多い気がする
僕自身がアナログ感覚の人間だからですかね…… 😉

 

色々と答えの見つからない疑問たちで頭の中は巻いてます

文明の進歩って何なんだろうかとかね……

== 20200928 ==

地元のサッカーリーグ、40才以上のシニア世代でプレーし始めて数年
使用グランドの環境は、シニアクラスは芝生に対し20〜30代も加わるオープンクラスは
若者相手に、久々の土の上で痛感したアカラサマな体力低下……
綺麗な芝生のグランドでより楽しくプレーできるありがたさよ 😉

It has been several years since I started to play soccer at the League for Over 40 senior class
About the field, senior class uses turf ground, and most of younger ages are at hard ground
I found obvious fail of my body strength when I played on hard ground the other day, against younger player……
Then, I found the happiness to play on the field of turf 😉

== 20200921 ==

2700m付近テント泊でのお仕置き
あったかい朝食が楽しみだった気温一桁℃の朝焼け時
達人たちは毎回毎回のメンテナンスを怠らないんだろうな……
でも食べれるアルファ米と反省できる機会にありがとう 😉

Punishment at over 2700m, with my tent
I looked forward to have warm breakfast in peaceful sunrise air
I wondered that experts repeat gear maintenance before and after every single trip
Thanks for water-cookable-instant-rice product and chance for reflection what I have to do 😉

“STEEP”

New website about has been launched a few days ago
Elite editors who create ski magazine “BRAVOSKI, FallLine, FREESKIING” is running this media
Deeper and Richer informations will be there

STEEP

Its volume is beyond compare with paper magazine
It will be full of contents from major one to niche stuff 🙂
Personally, I prefer to have paper magazine to gaze well
Still, it’s interested in check new stuff by phone quickly in extra minutes
New era style, isn’t it? 😉


“Top page design for their launching issue”

Photo Gallery is prepared for its first issue
Fortunately, they gave me a chance to be a part of 1/10!!!
All photographers wrote story for each photos like below
※※ Here is 5 of mine 🙂

Please take a time to check the website, STEEP!
Though, it’s only in Japanes… 😉

This is the same-smae sentence every year.., still hot and humid days continue for a while
Let’s dream cooler feeling and stay safe then live in positive mode 😉

『STEEP』

しいウェブサイトが登場しました
製作はBRAVOSKI、FallLine、FREESKIINGなどの雑誌編集精鋭チーム
さらにゅい、豊富な情報を発信するサイトです

STEEP

雑誌の限られたボリュームに縛られないスペース
メジャーなものからニッチなものまで、情報満載となっていくのでしょう 🙂
個人的には、手にとってじっくり眺められる紙媒体の方がきです
でも、ちょっとした空き時間にササッとスマホで楽しめる
ハイカラですね〜 😉


「記念すべき第一弾のトップページデザイン」

ローンチ一発目に組み込まれたフォトギャラリー
撮り手の1/10に入れてもらえました、感謝感激!!!
下記のように、各写真にカメラマンのコメントも入ってます
※※ ちなみに、画像は僕が選ばせてもらった5点 🙂

是非、STEEPをじっくりれてみてくださいね〜!

まだまだい季節ですが、この時期毎年恒例です
涼しい気分を妄想してポジティブに過ごしていきましょう 😉